ご挨拶 ご挨拶

株式会社 長栄通建創立『10周年』を迎えての決意

株式会社 長栄通建として事業を創めて、『10周年』の節目を迎えました。
これもひとえに弊社社員並びに家族の皆さま、私たちを支えてくださったお客様、お取引先の皆さま、地域住民の皆さま、及び株主の皆さま方に深く感謝する次第です。
人との出会いに感謝、全ての事柄に感謝する謙虚な気持ちを持って、今後の事業に取り組んでまいります。

『10周年』と言う大きな節目を迎えたときに、大きな時代の変化、流れを前向きに捉え新たな出発の気持ちを持ち、これから更なる発展を決意し皆さまのご期待にお応えできるよう、役員並びに従業員一同最大限の努力をしてまいります。

これからの長栄通建

電線類の地中化工事を主力業務とし、通信設備・
通信線路工事の施工技術を兼ね備えた企業として、
一歩一歩足元を見ながら歩んでいきます。
又、今後新たな取り組みとして道路・橋・トンネル
などに整備されている通信設備の実態調査を実施し、
維持補修等に初期段階から携わり、
現実的な調査と確実な施工を実現させていきます。

東北地方の大震災後の復興・復旧にも、
通信設備業者として各自治体のインフラ整備に
積極的に参加出来るよう、関係各社と調整を
進めています。

代表取締役社長
村山 一十四

ページの先頭へ戻る

企業理念

創造と挑戦の意欲
信頼される技術をもって情報産業を支え
社会に貢献する

ページの先頭へ戻る

経営理念

幸せを求め、正しい企業経営を行います

社員とその家族の幸せと、関係のある周りの人の幸せを求め実現していくことが、会社の果たすべき使命と責任です。
全ての物事に感謝をし、素直な気持ちで取り組んでいきます。
お客様からの信頼を得られる、責任ある仕事をさせていただきお客様の要望に応え、求めている物を創造・提案してまいります。
また、地域社会・住民に対する使命と責任を果たすためにも、「正しい・自然な」決断を軸足として、企業経営に努めてまいります。

ページの先頭へ戻る

経営方針

株式会社 長栄通建は以下の5つの方針を軸に経営してまいります。

1. 自己成長と幸せの追及
社員一人ひとりが、自己の成長と幸せを追求し実現できる職場環境を作ります。
2. パートナーとの協働
共に通信設備工事業に携わっている方々と、お互いに協力し成果と成功の共有を目指します。
3. 顧客の創造と提案
お客様に安心・活力・信頼を感じていただき、要望にこたえ求められている物を創造・提案してまいります。
4. 地域社会の貢献
通信設備工事業を通して、地域社会の環境を整備し、維持・向上に努めます。
5. 確かな成果と成長
通信設備業者としての社会的責任を果たし、健康で健全な成長を図ります。

ページの先頭へ戻る

ロゴマークへの思い

Create & Challenge with Choei

ロゴマーク

Createは、創造と会社設立を、Challengeは、挑戦を表しています。
3つの頭文字の“C”をコロンブスの卵形に模し、Shadow(支え)を付けました。

ページの先頭へ戻る

累計:99313人/ 今日:3人/ 昨日:17人